<<  main  >>
音羽屋 赤飯まんじゅう 京都八幡の和菓子
JUGEMテーマ:京都の和菓子

今日は、京都の南の八幡市の和菓子です。

玉栗4

音羽屋といって本店は京都市内の東山泉涌寺にあります、ここは支店ですね!

この和菓子屋さんは、なんでも赤飯万重が有名で創業50年以上になる老舗!

八幡店の場所が、これまた寂れた終わりかけた商店街にあるんです、(男山商店街)
でも侮ってはいけない!

というのも、このお店は中にテーブル、椅子があって待ってたらお茶が出てきたり
なかでカレーやハヤシライス、パフェにコーヒーなど軽食やドリンクも食べれるんです。

まあ市内の老舗 和菓子屋さんでは こんな掟破りなことは無いのやけど
さすが 外れ和菓子屋

何時行っても お客がいてます。
コーヒー飲んでたりしながら和菓子を買っているんです。

音羽屋

もう完全に地域密着型 和菓子屋さんで地元の人たちとの交流も盛んです。

これならもう潰れたり閉店することも無いやろう!

音羽屋2

この写真は9月に行った時なんで かき氷とか乗っていますが・・・

で、何回か行った、一度お客が店番してて店の人がおらん!!
なんでもペット犬のカットに行ってて店番してると言ってた。

のんびりしたところがヨロシイやろ!

また店の人が宝塚好き好きな方で、デカイモニターには宝塚のDVDが流れている。

おまけにサイン色紙もはってある、誰かは知らないけど・・・

またスタンプカードもある。

赤飯まんじゅう

有名な赤飯マンジュウ

赤飯まんじゅう2

ガッチリと詰まった赤飯
薄味、ごま塩かけても美味しい

音羽屋3

で、みかさ

音羽屋4

スーパーのと違って、飛ぶほど甘くない

音羽屋5

何個か買ったら、こんな箱に入れてくれはる

音羽屋6

和菓子って、ジャンルというか種類というか
それぞれの種の名前があって、そのお店などで作っているんやと、このブログやりだして知った。

大仏瓦

大仏瓦
名前の通りごつっとしとるわ

大仏瓦2

中はうぐいす豆あんや!

音羽屋7

泉月

音羽屋8

京都百万遍のあじゃり餅見たいやけど
皮がまた違う・・・・

フムフム いろいろあって個性が違うぞ

大判栗

丹波栗大判みかさや!
デカイ600円やったかな!

大判栗2

とにかくデカイ

大判栗3

一人1個はとてもでか過ぎるぜ

大判栗3

白アンに栗が散りばめてある

しぼりようかん

そして、しぼりようかん

綺麗な包みや

しぼりようかん2

色違いもある

しぼりようかん3

ギュッと絞った感じがある

しぼりようかん4

栗丸ごと入っている
これウマイ!

玉栗

玉雫
どれも名前が上手い事付けてあるやん

玉栗2

黄味あんで皮が凄くおいしいぞ

玉栗3

軽いし、皮にナッツのような味があった!なんやろ?

浮橋

また風流な名前やこと

浮橋2

洋菓子見たいやけど違う

浮橋3

つぶあんを卵がばっちり効いたスポンジ生地で包んである。
音無川にかかる浮橋をイメージにしたもの。

そして、2つ目の名物↓

生もなか2

生もなか
これは、注文したら その場であんこを詰めてくれるパフォーマンスが見れる

生もなか

図ってみたら116gもあるやん

生もなか3

カンカンに詰めてもろたあんこ
食べ応えがある、割りと堅い目のあんこ

大判みかさ以外は200円前後です。

これが 八幡の寂れた男山商店街って処にあった音羽屋さんの全貌や!


★生もなか 詰めるパフォーマンス動画です。↓




〒614 8374 男山石城8-11
075-983-8815

ホームページ↓
泉涌寺 音羽屋 男山店



今日のリンクは、カロリー表

Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Search

Profile

Feed

Others

Mobile