<<  main  >>
八幡市 和菓子 亀屋芳邦
JUGEMテーマ:京都の和菓子


八幡市 和菓子ふじもと の続きです。



ふじもとさんを右にして、さらに進むと、

正法寺というお寺が見えてきます。



とても大きなお寺です。

そして、さらに進むと和菓子やさん亀屋芳邦が見えてきます。

亀屋芳邦 和菓子

和菓子やさんらしい、たたずまい。


亀屋芳邦 和菓子2

店内は日持ちのするお菓子に、

亀屋芳邦 和菓子3


上生菓子、そして普段用の和菓子もあります。

亀屋芳邦 和菓子4

どれも美味しそうやね。

亀屋芳邦 和菓子5

そして値段も安い。

亀屋芳邦 和菓子9

上生菓子で1個147円から、

普通の和菓子で1個126円から。

亀屋芳邦 和菓子6

亀屋芳邦 和菓子7

亀屋芳邦 和菓子8

亀屋芳邦 和菓子10

亀屋芳邦 和菓子11

亀屋芳邦 和菓子12

亀屋芳邦 和菓子13

亀屋芳邦 和菓子14

亀屋芳邦 和菓子15


京都市内とかやったら、普段用の和菓子でも1個160円やからね、

それから思うと信じられんぐらい安いです。

亀屋芳邦 和菓子21

こちらの亀屋芳邦さんでは、

日持ちのする安居橋という地元の橋の名前がついた秋冬限定のパイを購入。

1個189円が150円になってたんで買いました。

ちなみに栗と梨の2種類あります。


亀屋芳邦 和菓子17

そして笹餅126円を2つ。

笹餅なんてあんまし食べへんから、どんな味なんかしらん?

と興味が沸いたんです。

亀屋芳邦 和菓子27

そして冬限定の極上しる粉とくず湯137円。

亀屋芳邦 和菓子18

まずは笹餅から食べてみましたよ。

亀屋芳邦 和菓子19

笹餅はとても柔らかいお餅の中にこしあんが入ってます。

亀屋芳邦 和菓子20

そして笹野の葉の良い香りが。

な〜んか懐かしいような笹餅でしたね。


そして安居橋。



まずは栗のほう。

亀屋芳邦 和菓子22

コロンと栗が1つ入ってるのか?と思いきや、

小さく砕いた栗が粒餡の間にコロコロと。

亀屋芳邦 和菓子23

そして梨のほう。

梨のほうは白餡に柔らかいナシが一切れ。

亀屋芳邦 和菓子24

亀屋芳邦 和菓子25

亀屋芳邦 和菓子26

味の方は、どちらも美味しいです。

パイとそれぞれの中身がとても良く合ってます。

特価中で150円で買えたのは、とてもラッキーでした。

毎月8日は、きらめきスタンプデーでちょっとお得な価格になるお菓子があるみたいです。

亀屋芳邦 和菓子27

そして、お汁粉。



カップに中身を入れて、

亀屋芳邦 和菓子29

お湯150ccを注いで混ぜて出来上がり。

亀屋芳邦 和菓子30

可愛い小鳥のふ菓子みたいなのがピョコンと出てきます。

亀屋芳邦 和菓子31

ピンク、白、緑、茶色の小さいアラレみたいなのが色をそえてます。

とても可愛いお汁粉。

味の方は、甘くて可愛くてとても美味しいです。

ホント何でもないお汁粉なんやけど、

和菓子屋さんのお汁粉は見た目も包装もとても可愛くて、

やっぱり全然違います。

亀屋芳邦 和菓子32

そしてくず湯がこちら。

くず湯の方は、150ccのお湯を注いで出来上がり。

こちらはくず湯だけあって中身は片栗粉ではなく葛です。

亀屋芳邦 和菓子33

亀屋芳邦 和菓子34

味はゆずやったので、酸味のきいたくず湯です。

そして、やっぱ香りが良いです。

体がとてもぬくもりました。

亀屋芳邦 和菓子35

亀屋芳邦 和菓子16

亀屋芳邦さんは、

何もかもが本当に和菓子やさんらしい和菓子やさんでした。

普段用の和菓子もおもたせ用の和菓子も買える、

そして、

慶弔用のお赤飯、お饅頭、お餅、オハギも扱われてます。



関連記事
八幡市 和菓子 ふじもと
八幡市 和菓子 亀屋芳邦
八幡市 和菓子 走井餅老舗
八幡市 和菓子 みささ堂




銘菓紀行


Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Search

Profile

Feed

Others

Mobile