<<  main  >>
寺街御池 和菓子 亀屋良永 小倉山
JUGEMテーマ:京都の和菓子
 
久しぶりに、京都の町に出かけ久しぶりに京都の和菓子を買いました。

法事、墓参りという事で寺町近辺をブラブラしながら
本能寺、インドレストラン、雑貨屋、お茶屋さん、におい袋など行って来ましたので

一軒づつ紹介していきます。

京都のど真ん中と言えば
とりあえず 三条や四条あたりですが

少し北に行くと
御池通りがあります。

その近くには、本能寺や河原町通り
市役所などがいろいろ見るところが目白押し

本能寺の正門の直ぐ向かいに
老舗の亀屋良永と言う和菓子屋さんがあります。

今日は、伝統を守りに守った昔ながらの製法で作った小倉山です。

亀屋 良永2

もう場所は、本能寺の前 と言うだけで
京都人なら誰でも教えてくれるぐらい有名な場所にあります。

詳しい住所は
中京区寺町通り英御池下がる下本能寺前町504となっています。

亀屋 良永0

この辺には、寺町と言うだけあって
幾つもの寺が点在しており

観光客や修学旅行生などで賑わっています。

亀屋 良永3

店内は、こじんまりとしてて
観光客で一杯です。

亀屋 良永4

京都ならではの店内は雅な雰囲気が一杯ですね

亀屋 良永5

試食もあって、ゆっくり選べそうですが
なかなか客が多いと

そうも行きません

亀屋 良永6

んで、お店のコンセプトもしっかりしており
自然の風物を生かし

容器外装などにも京都ならではの趣好を用い生かされています

亀屋 良永7

また、完全手作りなので
化学製品、機械製品のように正確なものでなくて

多少の難点があったりするけど自然のもつ温かさなど取り入れた和菓子です

亀屋 良永123

で、今回買った小倉山は
このお店でも人気の商品やと言う事で買いました。

亀屋 良永13

当然生ものなんで、味が落ちる前に食べないとね

亀屋 良永01


京都の和菓子と言えば
包装が凝っています。

過剰包装なんて言うまえに すべてが京都なのかも知れないですね

亀屋 良永000

それにしても、中身はなかなか出てきませんが

亀屋 良永00

まだまだ

亀屋 良永12

そして、竹の皮で包まれたものがようやく出てきます

亀屋 良永11

開けると
手作り感たっぷり

亀屋 良永10

1本1470円

亀屋 良永9

もうただただ小豆に砂糖、黒砂糖、寒天とホントにシンプルな材料で製造されてる

亀屋 良永8

さて、味は?
はんなり 京都の雅 などシンプルな味

甘すぎず薄すぎず

自然本来の味

亀屋 良永10

季節によっていろいろある京都の和菓子
夏なんで このサッパリさはなぜか涼しげ!

全然くどくないです。

お店の電話ものせておきます。
075−231−7850

京都寺町御池に来られたら寄って見てください。


関連記事↓
京都寺街〜御池界隈 


高島屋さんには小倉山の取り扱いは無いですが、

とても美味しそうな全国の銘菓がそろってます。

高島屋さん限定のお菓子もあって、見ててとても面白いです。

また全国の銘菓が取り寄せで手軽に味わえるのも良いですよね。

良かったらのぞいてみて下さい。



銘菓紀行 

 
Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Search

Profile

Feed

Others

Mobile