<<  main  >>
『伊藤久右衛門』の宇治抹茶あんみつは高いだけの事はある
JUGEMテーマ:京都グルメ

『伊藤久右衛門』の宇治抹茶あんみつのご紹介です。

宇治抹茶あんみつ11


『伊藤久右衛門』の宇治抹茶あんみつは過去にも一度ご紹介したんすが、もう一度食べたい〜と夢にまで見ましてね。まあ、買いにいけばいいんすが、意外と宇治ってのはヘンピなとこにありまして、よっぽどでないと京都人でも行かないような場所なんすよ。

なので、はっきり言って取り寄せする方が早い!

送料がクール便がかかろうが何しようが、電車代やらを考えると取り寄せの方がず〜っと早いし安い。

まあ近所の和菓子屋のあんみつ、またはコンビニのあんみつでも良いんですが、もう『伊藤久右衛門』の宇治抹茶あんみつは全くの別もんなんでね。

あの味をもう一度!と思うと、『伊藤久右衛門』で取り寄せするしかないんですよ。

そんな、あの味をもう一度!と思う方多いみたいでね。『伊藤久右衛門』のHP見ても、抹茶あんみつが一番の人気やね。

では、そんな宇治抹茶あんみつ、グダグダ書くよりも写真で見た方が早いんで、写真いきます。



まずは、こんな感じのクール便でやってくる。

宇治抹茶あんみつ


発泡スチロールの中に入り、さらに上には保冷剤が。

まあ一押し商品やし、生物なんでね、これぐらいせんとアカンのやと思います。



で、中には、宇治抹茶あんみつの箱。

宇治抹茶あんみつ2



この箱を開けますと、中には宇治抹茶あんみつの、これまた箱。

宇治抹茶あんみつ3



この箱を開けますと、このようなセットが。

宇治抹茶あんみつ4


えと、カップ容器に入った抹茶ゼリーと白玉。みかんの入った寒天。あんこに抹茶シロップ。そしてスプーン。


別紙には、ちゃんと食べ方も書いてあるんで、始めての方も安心。

宇治抹茶あんみつ5



では、説明どうりに作っていきます。

まずは抹茶ゼリーと白玉の入ったカップ容器を開けます。

宇治抹茶あんみつ6


見た目にも、すごく美味しそうです。


ここに寒天とみかんを入れます。

宇治抹茶あんみつ7



そして、あんこを乗せる。

宇治抹茶あんみつ8


そして抹茶シロップを、

これね。

宇治抹茶あんみつ9


上からトロリとかける。

宇治抹茶あんみつ10


これで出来上がり。

あとは付属のスプーンで食べるだけ。

宇治抹茶あんみつ12



では、ちょっと感想を書いていきますと、まずは寒天の歯ざわりの美味しい事よ。この寒天はスーパーの寒天では絶対に味わえません。

宇治抹茶あんみつ


ほんでまた、あんこの美味しい事よ。固くも無く、また甘さも甘さも控えめ。でも、ちゃんと甘い。小豆も柔らこう上手い事たけてます。

ほんで、この白玉の美味しさ。




こんな、柔らかい、もっちりとした白玉はそんじょそこらではお目にかかれません。近所の和菓子屋のあんみつの白玉なんぞカチンコチン。

これがお取り寄せの味?ってぐらい美味しい。

ほんで、この抹茶ゼリーの美味しさよ。





もう何?これってぐらい美味しい。もうプルンプルンのゼリー。コンビニでさえも、こんな美味しい食感のゼリーにはお目にかかれん。

また抹茶みつがほろ苦くて、あんみつ全体の甘さをビシとしめてくれてます。そしてミカン。このミカンでさえもただの缶詰のミカンやありません。ちゃんとしたミカンです。粒も大きいし存在感もちゃんとある。

ただの飾りでのっかてるサクランボなんかとは訳が違います。

ほんまに、すべてが美味しい抹茶あんみつなのです。

これは、お値段が2個で1470円しても頷けます。高いだけの事はホンマにあります。せやからお店でも一番人気なんでしょうな。

高くても送料がかかっても、もう一度食べたいと思わせる味なんですよ。

ほんまに、おすすめです。

取り寄せするか?どうか悩んでる方は是非、一度取り寄せを。まじに取り寄せする価値はあります。

ちなみに私は、ちょっとした贈り物には宇治抹茶生チョコレートを送ります。こちらもお値段安くて、とても喜ばれる一品です。

『伊藤久右衛門』の宇治抹茶あんみつに興味の出た方は、こちらからのぞいてみて下さい。

京都・宇治 伊藤久右衛門




Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Search

Profile

Feed

Others

Mobile