<<  main  >>
京都は伏見のお好み焼き「お好み焼きは ここやねん」は通販がやっすいやん
JUGEMテーマ:京都グルメ

京都は伏見発祥のお好み焼き「お好み焼きはここやねん」の通販のお好み焼きのご紹介です。ちなみに、この写真はいただいた通販のお好み焼きの写真。通販とは思えんぐらい、美味しそうやん?

ここやねん14


関西と言いますと、粉もんの文化でして、たこ焼き、お好み焼き、うどん、どこへ行っても必ずお店みかけます。また、たこ焼きに関しましては、各家庭に1台はたこ焼き器があると言うすごさ。これに関してはマジ?と思われるでしょ?

でもね、前にテレビで関西の家庭にはたこ焼き器があるのか?と言う実地調査をしてたんですよ。そしたら見事に、どこのご家庭にもあった。

そういう我が家にもたこ焼き器は2台あるし、実家にもあったし、旦那の実家にもあったらしい。

そういやお弁当にも、家で作ったたこ焼きが入ってたりした。どこまで粉もんが好きやねん?って感じやね。

しかし京都となると、なぜか有名なたこ焼きやらお好み焼きはあまり無いような気がする。どっちかつーと祇園の1銭洋食の方が有名。

いやー普通にお好み焼きとかの店はあるんやけどねー。

そんな京都発祥のお好み焼きなるものがあるってのを知ったのは、本当につい最近。その名も「お好み焼きは ここやねん」。

しかも発祥の場所は伏見と来た。

伏見と言いますと、我が家から言うと超地元。

すぐ、そこやん。

知らない方に伏見を説明しますと、京都の中でも伏見のお水は美味しいと言いまして、酒蔵が多い場所です。また豊臣秀吉が作った伏見城もあったりします。実際のお城は復元されたもんやけどね。

しかし、そんな伏見に有名なお好み焼きがあったとはねー。

知らなんだよ。

そこで、ちょっとクチコミなるものを調べてみますと、「お好み焼きは ここやねん」は、いわゆるチェーン店化してまして、京都、滋賀、大阪と業務を拡大されております。この時代に、こんな手を広げるとは、かなり美味しいんか?

余計に興味がわきます。

さらに調べていきますと、クチコミも入ってるしお店もすごく多い!

山科店、四条大宮店、宇治三室戸店、木屋町店と京都にもお店がズラリ。

また京都以外のお店もたくさんあって寝屋川店、高槻店、長浜店、福知山店、関西に住んでる方やったら、あ!知ってるって方も多いと思います。

さらに、さらに調べていきますと、この「お好み焼きは ここやねん」はピザ「リトルパーティー」も経営されてる!?

ピザ「リトルパーティー」略してリトパはですな、私が一番好きなピザ屋でしてね、宅配ピザ激戦区のここらあたりでも、他所のピザ屋とは一線を画していまして、ピザ生地は全粗粉なんかな?なんしか生地が茶色い。

味がある。

おまけにSサイズからある。

ピザ生地の端っこにチーズを入れた生地をチョイスしても、たったの100円アップ。

もうSサイズの野菜ピザなんか、すごいボリュームでね。もう超美味い。

そんなリトパも経営してるんが「お好み焼きは ここやねん」やねん。もうビックリした。こんなん、絶対に美味しいに決まってる!!!確信した。

で、いただいた「お好み焼きは ここやねん」の実物がこれ。

こんな箱に入ってくる。

ここやねん3



中身は冷凍で、これ。

ここやねん



ちゃんとソース、鰹節、青海苔もついておる。

ここやねん2


ちなみにお値段は6枚で2880円。

ついでに書くと、送料は全国一律630円。冷凍代を別に取らんとこが良心的や。

ほんで支払い方法は、カード、振込み、代引き(手数料315円)


これが10枚入りやと3980円と、もっとお買い得になる。

せやから買うんやったら10枚入りを買う方がお得やわな。1枚が398円になる計算やもん。



では実際のお好み焼きを、これ。

ここやねん5


1個づつ個包装されてます。


お!青海苔はおたふく製やないか?

ここやねん6


おたふく言うメーカーは、関西ではもう一般的なメーカーでして、お好み焼きソースを専門に作ってはる会社です。

そうなんよ。

関西にはお好み焼き専門のソースなんてもんがあるんよ。ちなみに我が家にも、ある。


では冷凍のお好み焼きを開けた写真。

ここやねん7


別に普通。

と言うか豚バラが3枚ものっている?!

関西では2枚が普通です。ケンタローさんは一面に豚バラを敷き詰めてはったけど。あれは関西からしたら邪道や邪道。

で、厚みはこんなん。

ここやねん8


厚みも普通やね。


で、この冷凍のお好み焼きはただチンして食べてもいいが、レンジ+フライパンの両方使いがおすすめの食べ方とある。

そらフライパンも使った方が美味しいやろう。

ここやねん9



そこで記載されているとうりにレンジで7分チンしたあと、フライパンで表裏とも1分焼く。

出来上がりが、これ。

ここやねん12


これは焦げているのでは、ありません。

カリカリに程よく焼けた状態なのです。


ほれ。

カリカリに焼けたとこが美味しそうやろ?

ここやねん13


こういうとこが美味しいんやで。


で、付属のソース、鰹節、青海苔をかける。

一番上の写真と同じでゴメン。

ここやねん14



では、さらにアップ。

マヨネーズは我が家のもの。

ここやねん15


食べてみた感想は、柔らかい。

こんな柔らかいお好みは珍しいんとちゃうかな?

そういやお店のクチコミのとこにも、誰か柔らかいと書いていた。たぶん、柔らかいが「お好み焼きは ここやねん」の特徴なんやろう。

ほんで、この柔らかいのは山芋がけっこう入ってると思われる。

そこで材料をチェック。

ここやねん4


おー確かに山芋が入ってる。それも上の方に記載って事は、かなり大量に入ってると思われる。しかし我が家でもお好み焼きに山芋は入れるけど、入れすぎるとあんまり美味いお好み焼きにはならん。

グニョグニョになって上手い事、焼けんのよ。

でも、さすがはチェーン店で業務拡大するだけの事はある、上手い配合やな。これは、さすが。

ほんで、鰹、いりこ、昆布も入ってるね?

あーなるほどーそれでお好み焼き自体に、出汁の効いたエエ味がするんやな。(この出汁の効いてるのが京都風?)

なんか納得。

あと豚バラがね、全然肉クサクない!この豚バラにも秘密がありそうやね。

そして、そしてソースの美味しい事よ。関西のお好み焼き屋は、たいがいお店独自の自家製ソースで
食べるんやけど、「お好み焼きは ここやねん」のソースは絶品ですー。

超美味い。

そして全体的な感想として、美味しいですー。もう1枚!って感じで食べたくなる。また、けっこう腹持ちもええんよな。そんなに大きいお好みでも無いのにな。

こんなに柔らかくて美味しいお好み焼きもあるんやーって感じ。近所のお好み焼きは(我が家の近所には市内一美味しいといわれるお好み焼きがある)ここまで美味しくは無い。普通に美味しいの程度やから。

でも、柔らかいお好み焼きが苦手な方にはイマイチかも?

実は私もね、柔らかいお好み焼きはあんまり好まんのやけど、「お好み焼きは ここやねん」のお好み焼きは食べれます。なので柔らかいのが、苦手な方もチャレンジしてみる価値はあるかも?です。

京都は伏見発祥の「お好み焼きは ここやねん」に興味の出た方は、こちらからのぞいてみて下さい。いちおう通販のネットショップのせてます。

あと京都に来られた際にも、おすすめです。

ここやねんオンラインショップ


Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Search

Profile

Feed

Others

Mobile